2018/04/14

ブルージュ出張

再びブルージュへ。
車でのドサ周りで立ち寄りました。
ブルージュは、小京都的な非常に味わいのある街です。
海が近いので、運河がめぐり、旧市街の建物とマッチンして、とても味わい深い雰囲気です。
どこに行っても美しい景色で、、、、
出張で立ち寄るのでなく、ぶらりと観光したい街です、本当に。

ブルージュ201804

とはいうものの、せっかくだから食事くらい楽しまないと。
まずは、ビールから。
こちらのお店、立ち飲みのバーのような店で、世界各国のビールが350mlグラス1杯、3.5ユーロで楽しめます。
当然選んだのは、ベルギーのホワイトビール。
良い味わいでした。

ブルージュ ビール

続いて夕食は、、、ビールのバーから歩いて3分の海鮮料理屋へ。
色々な料理があるのですが、あえて選んだのは、フィッシュプレート
がっつりとカニ、ロブスター、エビ、かきを頂きます!
これだけで1時間、食べ続けました・・・

ブルージュ フィッシュ

さらにさらに、マルクト広場に戻り、最後の〆は、ベルギーのポテト!
フライドポテト発祥の地らしいのですが、本当だかどうだか。。。

ブルージュ ポテト

出張でふらりと立ち寄っただけですが、楽しめました!
ブルージュ良い街ですね!!
2018/04/13

大陸出張 2018年4月

大陸に出張へ来ました。
フランスからベルギーを回っていきます。
金のない会社は、車で行け。。。という事で車でどさまわりです。

初日は、フランスまで。
パリで宿泊したかったのですが、これまた宿泊費が高い高い。
郊外でもあまりにも高く、結局、かなりはずれたオルリー空港ホテル・・・
空港ホテルなら飛行機使わせて欲しいところです。

でも車なので、自由に行動ができます!
なので、道中、ベルサイユに寄って、ラムのレストランで夕食を頂きました。

こちら、アペタイザーのエスカルゴ!
日本でも食べれますが、やはりフランスで食べると格別です。

ベルサイユ エスカルゴ

こちらは、ポテトグラタン。
ちょっとチーズの効きが薄く、パンチがないのですが、逆に食べやすいです。

ベルサイユ グラタン

そして、こちらがメインのラム!
臭みが全然なく、またソースも若干薄味で、ラムの味わいを楽しめます。

ベルサイユ ラム

春と同時にラムの季節がやってきました!
楽しみな季節が近づいています。

明日は、ベルギーブルージュです!!
2018/04/11

レベル スピットファイヤ MK.Ⅱ-2 組み立て①

昨日、内部塗装を終えたので、一気に組み立てました。
部品点数が少ないので、あっという間に組みあがります。

SF2-body assy

前回、前側を合わせて組み付けして、後ろ側の修正が結構大変だったので、今回は、後ろ側の位置を合わせてみました。

SF2-wing rr

結果、前側にやはり穴が出没。。。
大穴までいかないので、まだ良いかと。
博物館で実機を見ると、意外とパネル間のギャップがあるので、穴を埋めるだけ埋めて、GAPは少し残したままにしよう!
という事でパテは、穴埋めだけに使うことにしました。

SF2-wing fr

しばし乾燥させて修正していきます。
これから週末、出張なので、乾燥にはちょうど良い時間かと。
さてさて、ザクちゃんを完成させてしまったので、今年度の出張お供は誰にするか。。。
2018/04/10

レベル 1/48 スピットファイヤ MK.Ⅱ-2 塗装②

昨日、フォトコンテストの記事を載せましたが、しかかりは土曜日からやっていまして。
丁寧に丁寧に、スジボリをしていたのですが。
丁寧に丁寧に、力を入れすぎて、スジボリでなくて、完全に彫ってしまいました・・・
あわてて直そうにも、既に彫ってしまったものは、そう簡単に治りません。
なので、このまま行こう!と

筋彫を終えたので、内部の塗装に
本当は、ライトグリーンにイエローを混ぜるのらしいのですが、キャノピー閉じる予定なので、手持ちのグリーンを吹き付けました。
さらに、実機写真を眺めながら、赤、シルバー、黒の色味をましてコクピット塗装を完成。

軽くウェザリングを施しました。
(実際は、ここまで三日かかりました)

SF2-cockpit

次は、組み立てとあわせ修正です。

前回のキットは、結構合いがよかったのですが、今回はどうでしょうか?
すでに主翼に反りが発生しているので、今回は苦戦しそうです・・・
2018/04/10

レベル 1/48 スピットファイヤMKⅡ-2 塗装①

もしかしたら、今年一年で終わりかも知れない、イギリス生活。
最後の年は、思いっきり楽しむと同時に、新しいことにチャンレジしていこう!とおもいました。
息子・娘には、可能性を切り開くため、色々な事にチャレンジさせているのですが、肝心な自分がチャレンジしないと・・・
と言うわけで、今年は、色々なキットに取り組むと同時に、コンテストに出場しよう!と決めました。
入賞とか表彰とか、そんなレベルには到底達しませんが、まずは参加する事!
参加する事で、意識を変えて、自分がレベルアップしていければ!!

という事で、まずは、ハセガワさんが企画している
飛行機模型フォトコンテスト
へ参加しよう、と決めました。

内容を見ると、ハセガワ製のキットか、輸入扱いのキットで参加可能。
との事でしたので、こちらで入手容易なドイツレベルで参加する事にしました。
どうせ欧州に住んでいるのだから、参加カテゴリーは
”イギリス機VSドイツ機”
これで行こうと思います。
早速意気込んで、スピットファイヤとメッサシュミットを購入。
キットを前に、色々とアイデアをめぐらせました。

でも、ふとした疑問が。
応募要領に、
全体の分かる写真2枚(必須)
みせたいポイントやシチュエーションの写真4枚(任意)
とありました。
2機だと、全体4枚、任意2枚?
うーん、良く分からん・・・という事で問い合わせてみました。

さすがハセガワさん、翌日には返事が来ました
”2機(複数機)で、1作品としての参加、可能です。その場合、2機を1枚に収めて・・・”
あれ?VSというから2機が基本かと思い、まとめて注文したのですが。。。
1機でも良かったの???

ま、買ってしまったし、2機でエントリーすればいいや・・・
という事で、再びスピットファイヤMkⅡを作ることにしました。
2回目なので、勝手は分かっているのですが、今回は丁寧に丁寧に作って行きたいと思います。

まずは、スジボリのやり直しからです。
しばらく彫刻家に徹します。
丁寧に、丁寧に・・・