FC2ブログ
2018/10/17

聖地巡礼 リバプール

ちょっとお休みを頂いて、西のほうへ旅してきました。
行った場所は、リバプール。
知る人ぞ知る、ロックの聖地です。

あちらこちらに、ビートルズ関連の場所が点在しています。

まずは、言わずと知れた伝説のクラブ、CAVERNです。

Liverpool 1

実は、ここ二回目です。
一回目は、20年前の新婚旅行。
ぐるりとイギリスをめぐるツアーに参加したとき、たまたまリバプールに宿泊したので、早朝見てきた記憶があります。
しかし、、、Cavernのたたずまいは変わらないのですが、回りがずいぶん様変わりしたような。
あちこに”CAVERN"と書かれた建物があり、便乗商法?なのか、ビートルズショップや博物館まであり。
ちなみに、このCavernは、再現されたものでオリジナルは、数十mはなれたところにあったそうです。
そこもなにやら改築していたので、あと数年したら、また違う”CAVERN"ができるかも知れません・・・

さらに、車で移動して、National Trustが運営する、ジョンレノン/マッカートニーの家(デビュー前にすごした家)へ行ってきました。
移動途中、知らぬ間に、ペニーレインのランナバウトを通り過ぎ・・・
(あ!と気がついた時は、ランナバウトに進入中で写真すら撮れず)
さらに一瞬道に迷って入り込んだ路地は、ストロベリー・フィーズルの入り口があったり。。。

無事、集合地点に到着したあとは、バスツアー(バスといっても、バンですが)に参加です。
まずはマッカートニーのおうちへ。
長屋のおうちで、両隣は普通に誰かが暮らしているとか。
中は撮影禁止だったので、表だけ。
ここで、ビートルズ初期のナンバーが作られていったとか。
家の中には、I saw her standing there、She loves youを作っている写真とかあり、大興奮ものでした。

Liverpool 2

ちなみに、近年ポールが車で見に行ったら、人がたくさんいて、車を止めるところがなかったとか。
どこに止めようか、、、とうろうろしていたら、道に迷ったと勘違いされ、”そこがポールの家だよ、迷うやつが多いんだよね~”と言われたとか。。。

次に訪れたのがジョンレノンの家。
といっても叔母の家だったのですが(最後はオノヨーコが持ち主で、National Trustに寄付したそうです)。
こちらも、ジョンの部屋とか残されており、非常に興味深い感じでした。

Liverpool 3

ちなみに、イギリスでは、有名人の家がかなり残されており、目印としてブルーマークがつきます。
ジョンの家にもブルーマークがついていました。
しかし、ポールの家には付いていない。
なぜだ!と思って聞いたら、”死んだらつくよ!”と軽く返されました。
ええ・・・なんとコメントして良いやら・・・

ほかにも、ビートルズストーリという博物館に行き、まさにビートルズづくしの一日でした!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント