夜のモデラー見習い
下手ですが、日々、プラモ作りを楽しんでいます。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

トイプーじゅん

Author:トイプーじゅん
長いこと、プラモデルを作っていますが、一向に技術は向上しません。いまだにネットで、作り方を調べながら、下手なりに作成を楽しんでいます。人様にお見せするような作品は作れませんが、ひょんなことから、海外に住むことになりました。なかなか日本では手に入れずらい海外プラモデル。記録を残すためにブログを使ってみよう!と始めてみます。プラモデルだけでなく、海外事情も時折紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RAF博物館
本日は、モデラー見習いをお休みして、RAFミュージアムに行ってきました。
というのも、今作っているハリアーのエンジンがどうしても確認したくて、行ってきました。
場所は、ロンドン郊外にあり、電車とバスでなんとか行ける範囲かと
でも車で行くと楽です。私はいつも車です。
博物館は基本無料です。入場料はありません。ただし、寄付金を集めていまして、私はいつも5ポンド入れます。

今回の目的、見たかったエンジンがこちら。
はい、しっかり写真をいっぱいとってきました。
またモデルを作りながら詳細はご報告していきたいと思います。

ペガサス

RAFミュージアムということもあり、イギリスの飛行機が沢山あります。
複葉機から始まり(イギリス初の飛行機から・・・)、ハリアー、ライトニング、ボーファイターにモスキートなど。
プラモデルや雑誌でしか見たことがない飛行機が沢山あります。

とうぜん、スピットファイヤーは多数あります。
マーク1から始まり、XV?あたりまで、沢山ありました。
ライバルのBf-109やFw190もあります。
こうして、並んでいると、不思議な感じですね。

スピット

戦勝国だけあり、大量のドイツ軍機も保有しています。
こちらは、世界に3台しか現存しないスツーカ。
現在博物館がリニューアル中であり、翼をとって、スペースを稼いでいました・・・
横にあった、He-111も同じようにスペース優先の展示をしています。

スツーカ

言わずと知れたMe262です。
実機が置いてあるのは驚きです。
こちらは、アメリカやドイツなど、結構多数現存するみたいですね。
でも、日本ではとてもとても見れません・・・

Me262

巨大なランカスター。
大きいです。
実家にタミヤの1/48があるので、今は資料集めをするだけです。
と言ってもタミヤのモデルは相当完成度が高いので、情報収集するまでも無いですが。
唯一モデルと違っているのは、レーダーアンテナくらい?

ランカスター

アメリカの飛行機も多くあります。
こちらは、B-17。こちらも大きいです。
B-17は今のところ作る予定無いですが、、、一度大物を作ってみたい処ですね。

B17

他にもまだまだ紹介したい飛行機があるので、今回は、集中して撮影してきましたので、この位です。
また行った時には、違う飛行機をご紹介いたします。
中部にもあるのですよね、RAF博物館。
こちらは、世界に1機しか存在しない機体があるので、また訪れたらご報告します。
スポンサーサイト

旅行日記 | コメント:1
[ 2017/04/02(日) 07:23 ]

<<エンジン加工中 | ホーム | エンジン加工中>>

コメント
はじめまして!
こんばんは!

訪問ありがとうございますm(__)m

資料となる実機を見られる環境におられるのですね~!
プラモデルの箱絵でしか見た事がないものの実機、、、。
羨ましいですよ~(^^♪

エンジンの製作、楽しみにしております!(^-^)

URL | 14roe #- | 2017/04/02(日) 22:15 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

copyright © 2017 夜のモデラー見習い all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ