2018/04/14

ブルージュ出張

再びブルージュへ。
車でのドサ周りで立ち寄りました。
ブルージュは、小京都的な非常に味わいのある街です。
海が近いので、運河がめぐり、旧市街の建物とマッチンして、とても味わい深い雰囲気です。
どこに行っても美しい景色で、、、、
出張で立ち寄るのでなく、ぶらりと観光したい街です、本当に。

ブルージュ201804

とはいうものの、せっかくだから食事くらい楽しまないと。
まずは、ビールから。
こちらのお店、立ち飲みのバーのような店で、世界各国のビールが350mlグラス1杯、3.5ユーロで楽しめます。
当然選んだのは、ベルギーのホワイトビール。
良い味わいでした。

ブルージュ ビール

続いて夕食は、、、ビールのバーから歩いて3分の海鮮料理屋へ。
色々な料理があるのですが、あえて選んだのは、フィッシュプレート
がっつりとカニ、ロブスター、エビ、かきを頂きます!
これだけで1時間、食べ続けました・・・

ブルージュ フィッシュ

さらにさらに、マルクト広場に戻り、最後の〆は、ベルギーのポテト!
フライドポテト発祥の地らしいのですが、本当だかどうだか。。。

ブルージュ ポテト

出張でふらりと立ち寄っただけですが、楽しめました!
ブルージュ良い街ですね!!
スポンサーサイト
2018/04/13

大陸出張 2018年4月

大陸に出張へ来ました。
フランスからベルギーを回っていきます。
金のない会社は、車で行け。。。という事で車でどさまわりです。

初日は、フランスまで。
パリで宿泊したかったのですが、これまた宿泊費が高い高い。
郊外でもあまりにも高く、結局、かなりはずれたオルリー空港ホテル・・・
空港ホテルなら飛行機使わせて欲しいところです。

でも車なので、自由に行動ができます!
なので、道中、ベルサイユに寄って、ラムのレストランで夕食を頂きました。

こちら、アペタイザーのエスカルゴ!
日本でも食べれますが、やはりフランスで食べると格別です。

ベルサイユ エスカルゴ

こちらは、ポテトグラタン。
ちょっとチーズの効きが薄く、パンチがないのですが、逆に食べやすいです。

ベルサイユ グラタン

そして、こちらがメインのラム!
臭みが全然なく、またソースも若干薄味で、ラムの味わいを楽しめます。

ベルサイユ ラム

春と同時にラムの季節がやってきました!
楽しみな季節が近づいています。

明日は、ベルギーブルージュです!!
2018/03/24

日本一時帰国その2

日本からイギリスに戻ってきました。
10日近く日本にいたのですが、結局半分くらい会社に行っていまして。
一体に何しにかえったのやら・・・

今回も、日本は美味しい!とつくづく感じた帰国でした。

こちらは、訪れた九州でのお寿司。
ネタが大きく、本当に美味しかったです。

九州 寿司

こちらも、九州で立ち寄った、ちゃんぽんのお店。
車で通りかかりに立ち寄ったのですが、そのボリュームがすごいことすごいこと。。。

九州 チャンポン

さらに、神奈川で食べた焼肉!
やはりJapanese BBQ、最高ですね!!

神奈川 にく

さてさて英気を養ったので、これでしばらく異国で頑張れそうです。
新しいキットも内緒で手に入れたし・・・
2018/02/18

フランス トゥルース旅行

ただいま、欧州は冬のハーフタームでお休みシーズンです。
前半戦はポルトガルに行ってきました。
後半戦は、フランス、トゥルースへ、二泊三日(実質滞在は丸一日)の旅行に行ってきました。

ねらいは、ずばり”エアバス本社見学!”
トゥールースは、エアバスの本社があり、開発拠点にアッセンブリー工場、デリバリーセンターがあります。
今回は、A380の組み立て工場と、開発拠点のバスツアー、博物館見学を予約しました。
当然!?社内は撮影禁止。
皆さまに迫力のA380組み立て工場を紹介したいのですが、写真がないのでご勘弁を・・・

併設される博物館は、撮影フリーでした。
表にあるのは、A400Mの初号機とコンコルド!
コンコルドは、博物館内にもあり、なんと中に乗ることができました!

トゥールース A400

博物館にあるコンコルドは量産一号機ですが、実験機の実験機材が搭載されていて、非常に興味深い感じでした。
基本は、エアバス社の小型飛行機が展示されていたのですが、他にもジャギュアやクルーセーダー、Bf109も展示されていました。
博物館の目玉?はコンコルドと、このグッピー!
今は、ベルーガが就航していますが、かつては、このグッピーが飛行機の部品を運んでいたようです。
しかし、おおきい!

トゥールース グッピー

博物館は、屋内展示ですが、屋外にも沢山の飛行機がありました。
昔は、屋外で野ざらしだったようですが、今は、立派な建屋ができ、博物館として展示しています。
いっぽう、野外展示で朽ち果ててしまった機体は、次々とレストアをしている、との事です
レストアが終了すると、屋内展示場に持っていく、との事でした。
屋外展示場は、ミラージュやジュペルエタンダール、ドラケン、DC3など貴重な機体がゴロゴロと!
子供たちと、もらったファイルを見ながら、これは何、これは何、、、と見て回っていたら、遠くの方で男性が手を振って声をかけてきました。
カタコトの英語で会話していたら、屋外展示のガイドさんで、もとフランス軍の軍人さんだそうで。
ミラージュとジャギュアを操縦していた、と言われていました。

この日は、訪問客が少なかったみたいで、一時間ほどお付き合いして頂けました。
レストア場や、裏の倉庫まで案内してもらって、ラッキー!と思っていたら、それ以上のラッキーが。
なんと、レストア前のMIG-21に載せてくれました(子供だけですが・・・)!

トゥールース MIG21

有り得ないサービスにめちゃめちゃ興奮してしまいました。
ガイドさんは、こちらが興奮しているのを楽しんでいるのか?
ドラケンに、DC3のコクピットまで案内してくれました。
日本人で、MIG-21とドラケンのコクピットに座った人って一体何人いるのでしょう・・・

大興奮のトゥルース旅行。
最後の最後は、なんとベル-ガとご対面!
空港で待っていたら、なんとベルーガ2機が離陸していきました。

トゥールース ベルーガ

飛行機三昧な旅行でしたが、それ以上に興奮だらけの三日間。
非常に良い休暇でした!!
2018/02/13

ポルトガル旅行

今週、欧州はハーフタームと言って学校が一週間お休みです。
この時期、欧州の方々はバケーションを取って旅行に出かけます。

我が家も、前々から行きたい!とおもっていたポルトガルへ行ってきました。
ポルトガルと言えば、南国!太陽と海、青い空!
そしてなにより、海洋大国であったポルトガル王国の風光明媚な港町!!

のはずが、見事に悪運が災いしまして、霧きりキリな日々でした。。。
出国までは良かったものの、リスボン着陸態勢に入って、高度300mくらいまで行ったの、視界不良でGo around...
燃料を使い果たして、300km離れた別空港に一時着陸して、給油にタイヤ交換。
結局当初より4時間遅れで到着し、、、
翌日は晴れたものの、三日目は再び視界5mの濃霧。
最終日は、晴れのち曇り一時雨という陽気でした。

このため、綺麗な写真があまり撮れず、皆様にご紹介できるネタが食べ物くらいで・・・

ポルトガルは、海鮮大国です。
1人あたりの消費量が日本並み。
なので、このようなタコサラダは、普通に食べれます。
なぜか、パクチーが入っているのですが、とても美味しい!

ポルトガル タコサラダ

旬の季節でなかったので、なかなかお店で出会えなかったのですが、いわし、もポルトガル人は大好きです。
普通に塩焼きにして食べます。日本と同じ味!
そして、写真はないですが、いわゆる”鯵の南蛮”も、ポルトガル料理の基本です。
こちらも日本と全く変わらない味!(って本家はこちらなのですが・・・)

ポルトガル イワシ

ポルトガルと言えば、葡萄酒、ポートワインですが、こちらサングリアも美味しいです。
1L頼んだのですが、あっという間に飲みつくしてしまった
(そして当然、あっという間に酔いが回った・・・)

ポルトガル サングリア

ポルトガルと言えば、バスコ・ダ・ガマを筆頭に大航海時代を切り開いた国。
悪く言えば、過去の栄華を伝える老大国なのですが、随所に中世の面影が残り、歴史を感じさせる国です。
大航海時代といえば、帆船。やはり帆船模型も良いですよね。
早速探してみます!