夜のモデラー見習い
下手ですが、日々、プラモ作りを楽しんでいます。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

トイプーじゅん

Author:トイプーじゅん
長いこと、プラモデルを作っていますが、一向に技術は向上しません。いまだにネットで、作り方を調べながら、下手なりに作成を楽しんでいます。人様にお見せするような作品は作れませんが、ひょんなことから、海外に住むことになりました。なかなか日本では手に入れずらい海外プラモデル。記録を残すためにブログを使ってみよう!と始めてみます。プラモデルだけでなく、海外事情も時折紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アムステルダム観光
イースターホリデーの修学旅行
本日は、アムステルダムまでやって来ました。
オランダは有数の画家を排出した国。
代表格のフェルメールやレンブラントは、美術館が多数コレクションしています。
アムステルダムの美術館は、作品の展示カテゴリーが面白いです。
興味持てたのが、海洋王国の展示。
数々の海戦画が展示されていました。



さらに、船尾の装飾も同時に展示。
これは面白かったです
思わず帆船模型に走りそうでした。



アムステルダムで一番行きたかったのがここ、アンネフランクの隠れ家
連行されて家具など出された後、そのままの状態で展示してあります。
日本では、あまり知られていないアンネですが、世界中から多くの人が訪問していました。



内部は撮影禁止だったので日記原本とか写真ないですが、こちらは必見です。
負の遺産をしっかり受け止めないといけませんね
スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ - ジャンル:海外情報

旅行日記 | コメント:1
[ 2017/04/16(日) 06:01 ]

ベルギー 塹壕跡
イギリスでは、明日からイースターホリデーという4連休に入ります。
せっかくの欧州に住んでいるのだから、、、と言うことで修学旅行へ!

最初に訪れたのは、ベルギーのディスクマイデーという場所。
西部戦線異状なし、の舞台であり、今でも塹壕が保存されています。



色々な遺品
記事や写真が当時を物語ります。
こちらの写真がここの現実を訴えて来ます



ひとの身長がちょうど隠れるほどの土嚢
まさに西部戦線そのものです



トーチカへの入り口
屈みながら入れます。



当時のトーチカ塹壕がそのまま残されています。
ここであった現実が、脳裏に訴えて来ます。



ここで起きた事
そして今あるこの時代の礎となった方々を想いながら過ごして行かねば、と思いました。

テーマ:ヨーロッパ - ジャンル:海外情報

旅行日記 | コメント:1
[ 2017/04/14(金) 04:13 ]

RAF博物館
本日は、モデラー見習いをお休みして、RAFミュージアムに行ってきました。
というのも、今作っているハリアーのエンジンがどうしても確認したくて、行ってきました。
場所は、ロンドン郊外にあり、電車とバスでなんとか行ける範囲かと
でも車で行くと楽です。私はいつも車です。
博物館は基本無料です。入場料はありません。ただし、寄付金を集めていまして、私はいつも5ポンド入れます。

今回の目的、見たかったエンジンがこちら。
はい、しっかり写真をいっぱいとってきました。
またモデルを作りながら詳細はご報告していきたいと思います。

ペガサス

RAFミュージアムということもあり、イギリスの飛行機が沢山あります。
複葉機から始まり(イギリス初の飛行機から・・・)、ハリアー、ライトニング、ボーファイターにモスキートなど。
プラモデルや雑誌でしか見たことがない飛行機が沢山あります。

とうぜん、スピットファイヤーは多数あります。
マーク1から始まり、XV?あたりまで、沢山ありました。
ライバルのBf-109やFw190もあります。
こうして、並んでいると、不思議な感じですね。

スピット

戦勝国だけあり、大量のドイツ軍機も保有しています。
こちらは、世界に3台しか現存しないスツーカ。
現在博物館がリニューアル中であり、翼をとって、スペースを稼いでいました・・・
横にあった、He-111も同じようにスペース優先の展示をしています。

スツーカ

言わずと知れたMe262です。
実機が置いてあるのは驚きです。
こちらは、アメリカやドイツなど、結構多数現存するみたいですね。
でも、日本ではとてもとても見れません・・・

Me262

巨大なランカスター。
大きいです。
実家にタミヤの1/48があるので、今は資料集めをするだけです。
と言ってもタミヤのモデルは相当完成度が高いので、情報収集するまでも無いですが。
唯一モデルと違っているのは、レーダーアンテナくらい?

ランカスター

アメリカの飛行機も多くあります。
こちらは、B-17。こちらも大きいです。
B-17は今のところ作る予定無いですが、、、一度大物を作ってみたい処ですね。

B17

他にもまだまだ紹介したい飛行機があるので、今回は、集中して撮影してきましたので、この位です。
また行った時には、違う飛行機をご紹介いたします。
中部にもあるのですよね、RAF博物館。
こちらは、世界に1機しか存在しない機体があるので、また訪れたらご報告します。

旅行日記 | コメント:1
[ 2017/04/02(日) 07:23 ]

イギリス 牡蠣旅行
夜は、モデラー見習いですが、昼はサラリーマンと家庭の父親をしているのです。
本日は、イギリスの東側海岸、マーシー島まで牡蠣を食べに行ってきました。

お店は、The Company Shedというお店です。
島のはずれにあり、車で一番端まで走っていきます。
車のカーナビでは、ここまで案内してくれなく、、、グーグル先生を頼りにやってきました。
10時開店のところ、10時10分頃に到着。
ネットでは、3時間待ち!との情報が入っていたので、ビビッていたのですが、それほどの混雑でも無く、スムーズに入れました。
シーズン次第なのでしょうね、混雑は。

3月19日店

このお店の面白いシステムは、パン・飲み物持ち込み自由!
まるで、九州は福岡糸島の牡蠣小屋みたいなシステムです。

3月19日黒板

お店に入ると、すぐ右手に魚介類が陳列されています。
どれもこれも見たことあるさ魚たちで安心です。

3月19日ケース1

早速注文したのが、魚介類の盛り合わせ。
これで1人前です。
日本円にして、2000円位。
食べごたえ十分です。
カニがちょっとタンパクな味わいでしたが、ビネガーで調整。
キッパーやサーモン、エビはそのままおいしく頂けました。

3月19日盛り合わせ

本日のオススメがイカのフライ、カラマリです。
イカが柔らかく、衣にもほのかに味がついていて、マヨネーズを少しつけて頂きます。
とても風味があり、絶品でした。

3月19日カラマリ

そしてメインイベントその1、焼き牡蠣です。
マッシュルーム添えとふつうの焼き牡蠣があったのですが、本日は残念ながらマッシュルームが無いとのこと。
普通の焼き牡蠣(グラタン)ですが、おいしかった。
クリームを載せてオーブンで焼くことで、風味が増して、本当においしい一品です。

3月19日かき

メインイベントその2、生牡蠣です。
本日は、2種類を頂きました。
名前を忘れてしまいましたが。。。二皿目のほうが、ぷっくりしていて、おいしかったような気がしますが。
レモンを絞って、食べると・・・うーん別世界です。
生牡蠣は、日本もヨーロッパも同じです。
ちなみに、一個200円くらい。。。海辺なので、激安でした。

3月19日かき2

3月19日かき3

イギリスの料理は、まずい、というイメージがあるのですが、魚介類は日本と同じですね。
って素材の味次第なのですが。
またまた行きたいと思わせてくれる、良いお店でした!
旅行日記 | コメント:1
[ 2017/03/20(月) 08:46 ]

copyright © 2017 夜のモデラー見習い all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ