2018/06/25

平日ミュージカル

ちょっとだけさかのぼりますが、木曜日の夜のお話です。

会社をちょっと早めにあがって、ロンドンは、リスタースクエアに行ってきました。
前からとっていたミュージカルを見に、いきました。
いつもはマチネ(昼公演)を見るのですが、今回は、夜の公演です。

チケットは2枚買ってあったので、妻と娘で見に行くことにしました。
私は、当日安売りチケットで、鑑賞です。

まずは、腹ごしらえで、ロンドンの中華街へ。
いつものお店で注文です。
こちらのお店も、いつもはお昼に訪れ、飲茶を食べるのですが、夜は初めてです。

頼んだのは、得体のしれないチャーハン(名前を忘れてしまった・・・)
甘酸っぱい酸味の利いたタレとクリームのタレが絶妙でした。
こちらは、チャーハン単体で食べることが少なく、このようにタレがかかって出てきます。

China 1

さらに、こちらは、ローストダッグラーメン。
その名のとおり、チャーシューメンでなく、ローストダッグ麺です。
しょうゆベースでとてもおいしいラーメンでした。

China2

おなか一杯になったところで、夜の公演を見に行きます。
今回、見に行ったのは、Phantom the Opera、オペラ座の怪人、です。
チケットは、夕食を食べる前に入手したのですが、通常の4割引きでチケットゲットできました!

Phantom the opera

日本で見ていたのでストーリは分かったのですが、今回のミュージカル、英語難しいですね。。。
まあ、半分以上、歌声に酔いしれていたので良かったのですが。

そして、妻と娘が見たミュージカルは、こちら。
King And I、初演です!

King and I

なんで2枚だけで、私が入れなかったのかと言いますと。
実は、わが娘、歌姫見習いちゃん、子役オーディションに呼ばれていました。
一次を通過し、二次も最終審査まで残ったのです。
で、結果が出る前にチケットを見たら、ほぼ完売の状態。
なので、見切りで買ったのですが、残念な結果でした・・・
ちょっと大きすぎたみたいですね。
基本、King And Iの子役は、7歳前後なので、さすがに13歳では。。。

終わってから楽屋裏で待ち合わせをして、出待ちをしたら、なんと謙さん、出てきてくれました!
興奮して写真を取り合忘れましたが、サインはゲットです!!

いや、しかしスゴイですね。アメリカに次いで、イギリスでも舞台を踏むなんて。
謙さん、すごすぎです!!
あー、楽屋で会いたかったなあ・・・
スポンサーサイト
2018/06/24

レベル 1/144 ボーイング B-777 塗装⑥

隙間修正中の機体ですが、二回目のパテをやすりで修正しました。
まだ、微妙に段差が残りましたが、先に進めることにします。

まずは、パテ部の塗装です。
タミヤのホワイトを塗りますが、やはり隠ぺい力が弱いですね。
一度や二度塗りでは全然下地が消えません。。。
しばらく白を重ね塗りする必要があります。

白を重ね塗りする間、昨日塗装した細かい部品にウェザリングを施していきます。
クリアで軽くコートしたあと、黒系でウェザリングを施します。

続いて、ブラウン系を点付けして、紙ナプキンで上下方向にふき取ります。

最後に、もう一回ブラック系でウォッシングして、ウェザリングを終えました。

B-777のギアだけでなく、ガンキャノン君のメカも同にウェザリングを施しました。

右側がウェザリング前
左側がウェザリング後
人によっては、”墨入れ・・・”と表現される方もいますが、私は、汚れを意識してウォッシングをかけているので、ウェザリング・・・と表現しています。
こうやって見比べると、ウェザリングを施した方が、落ち着いて見える気がします。

しかし、一年前は、初めてウォッシングに挑戦したのに、よくここまでいろいろ 表現できるようになったなあ。。。と
まあ、まだまだですけどね!

B777-wes1

しばし、ホワイトの塗装を続けます。
2018/06/23

レベル 1/144 ボーイング B-777 塗装⑤

自作デカール作成失敗した、昨日。
作り続ける気が失せかけましたが、行けるところまで行こうと、作業を進めました。

乾燥させていたパテを削って修正しました。
エンジンはうまく行ったのですが、機体は、やはりちょっと穴が残ったというか、段差が少し目立っているので、もう一回パテ修正します。

同時に、小物類の塗装を行いました。
タイヤをブラックで塗ります。
さらに、足回りをグレーで再塗装。
エンジンカウルの白を塗るついでに、ガンキャノン君のヘッドも白で塗装しました。
また、ガンキャノン君のコアファイター部を塗りました。
どうせ見えなくなるところなので、少し遊んでしまえ!ということで、クリアーブルーとクリアーレッドを使って、いわるゆるキャンディ塗装をしました。

B777-paint-small

つぎは、この小物にクリアを吹いて、ウェザリングに入っていきます。
2018/06/21

レベル 1/144 ボーイング B-777 加工③

機体修正のパテ乾燥待ち中に、デカールの製作を行いました。

ANA Ver.のザクちゃんを作ったときと同様、A-oneの転写 タトゥーシールを使います。

ネット上にある、STAR WARSのロゴにBB-8の模様を拾ってきて、さらにANAのロゴ等々をおなじく拾ってきました。
ついでに、他のキットをJAL仕様で作りたいとおもうところがあり、JALのロゴもネットで拾ってきました。

パワーポイント上で、拾ってきた画像を鏡像(えい!と画像を左右逆にするとなります・・・)にし、並べます。
並べるときに、隙間をすくなく、すくなく置いていくのですが、あまり詰めるぎると切り取れないし。
きっとメーカーのデカール設計者も、いろいろと考えながら置いていくのだろうなあ、、、などおもいながらレイアウトしていきます。

BB-8の模様、ロゴ類はネットにあったのですが、目玉?や機体ナンバーなどは、ネットにないので、完全に自作しました。
と言っても、パワポで文字を書いたり、線と○の基本的な図形を組み合わせただけですが。

試し印刷をして、枠内に印刷できることを確認。
台紙をセットして、いざ印刷すると・・・
なんで!端が切れ居ている!!

B777-decal1

試し印刷のときは、普通紙にしたのですが、本印刷時に写真用紙、ファインに設定しなおしたのが原因??
肝心なBB-8マークが半分使えません・・
STAR WARSロゴは、なんとか塗装と組みあせて使ってみようと思いますが、目玉もちょっと致命的・・・

残念ながら、タトゥーシールが無いので、次の帰国まで失敗分を印刷できません。
とりあえず、使えるデカールを使って、未完成でしばし放置ですね。。。
2018/06/20

レベル 1/144 ボーイング B-777 加工②

基礎の組立を終えて、パテによる修正に入ります。
今回、パテ修正する箇所は、エンジンカウルと機体だけとしました。

エンジンは、2基なので、当然二個修正します。
A-380は4基だったので、少しは楽かな・・・

B777-pat1

機体だけ、と言いつつ、全長50cmもあるので、結構な量を修正することになります。
パテ盛るだけだから、すぐすぐ!と軽く見ていたら、これだけで2時間もかかってしまいました。
大きすぎるって大変です・・・

B777-pat2

しばし乾燥させるので、明日は違う作業に入ります。