FC2ブログ
2019/02/22

ハセガワ 1/48 F-15E ストライクイーグル 組立⑤

機体の組み立て後、ムラになってしまったクリアーブルーを修正しようと、二回ほど吹いてみました。
若干改善されたものの、なんとなくムラが残ってしまっている。
これは、クリアーブルーが原因でなくて、下地のシルバーが原因と思ってきました。
手抜きしないで、ブラックを吹いてから、シルバーそしてクリアーブルーを吹けばよかった。

いまさら吹きなおしもできないので、次の工程に入ってしまうことにしました。

次は、いよいよデカール添付。
デカールのナンバリングが120くらいまであるので、120枚近いデカールを貼る!膨大な作業となります。

まずは、水平尾翼から。
ハイライトとなる、ホワイトの帯を貼りました。
そして、メインのキャラクターを貼ったのですが、、、見事に重なったホワイトが透けて見えてしまった。

そこで、垂直尾翼では、ホワイトの帯をそれなりのところでカットして、キャラクターのデカールを重ねることにしました。

F15-verwing

適当に切ったので、もし合わなかったどうしよう・・・と思ったのですが、意外とぴったり合いました!
まだ5枚しか貼れていないのに、すでに1時間経過・・・
これは、結構時間のかかる作業となりそうです。
スポンサーサイト
2019/02/21

ハセガワ 1/48 F-15E ストライクイーグル 組立④

二日ばかり、突発の出張に行ってきました。

プカップ
プリンのプカップ@2nd JAM
の投稿に向けて、準備していたのに、出張で投稿ができない!!
帰ってきて、あわてて投稿しようとしたら、、、延期になっていました。
ラッキー!
明日、時差攻撃で投稿します。

出張前の作業内容です。
こつこつ組み立てていたノズルが終了しました。
結局二日かかりでした。
組みつけてみたのですが、ノズル開閉のリンク機構が今一わかりずらい。
一生懸命エッチングパーツを取り付けたのですが、どうも冴えません。
もう少し立体的に取り付ければよかったのかな?

F15-exh4

本体も貼り合わせてみました。
と言っても、本体上下と機首部、主翼と脚をつけただけなのですが。

f15-blue

やはり大きいですね。
そして大きい分、クリアブルーの塗り斑が目立ってしまいます。
もう一回、この上からクリアーブルーを吹いて、ムラを消してみます。

2019/02/18

ハセガワ 1/48 F-15E ストライクイーグル 塗装①

週末の作業です。
機首部のパテ硬化を待っている間、ノズルの組立を行いました。

さらに、塗装の難所、機体後方、無塗装パネル部の塗装を行いました。
こちら、色々な表現方法がある様子で、ネットで色々な実機写真と作例を見ながら、自分なりのトライしてみました。

まず、全体は下地のシルバーをそのまま使います。
本体はこの上にクリアーブルーを塗る予定なので、はみ出さないようにマスキングします。
マスキング前にクリアーを塗って、いったん保護しました。
境界部を中心に、ガンメタルを細く吹き、その上にスモークを広く重ねました。
さらに、ノズル付近の薄くクリアーオレンジを吹き、端をクリアーブルーを薄く吹きます。
でも何か物足りないので、薄く薄く、カッパーを前側に吹き。
さらに、スモークを部分的に塗って強弱をつけてみました。
右にある5色を使って、ここまで表現してみました。

うーん、なんかちょっと違うような感じなのですが、これ以上よくなるアイデアが浮かばない・・・
とりあえず、これでOKとするか。。。
ということでクリアーを吹いて固めます。

F15-exh

一日置いて、乾いたところでマスキングをして、クリアーブルーを塗っていきます。
とにかく吹き続けること二時間。
もともと持っていたクリアーブルーに新たに買った1本、合計1.5本を費やしたのですが、本体しか塗ることできず。
しかも、ちょっと塗りうすが残り、微妙にまだらになりました。

F15-blue

とりあえず、乾燥を待って、組立を行い、最終的にもう一回吹きたいと思います。
2019/02/15

ハセガワ 1/48 F-15E ストライクイーグル 組立③

さくじつ、 ブロ友のGoriさんより、SAコンの結果をお教えいただきました。
Goriさん、電飾賞を受賞されたそうで!
さすがです。

私は、当然、切手サイズの参加賞。
投稿まで楽しめたので、十分だったのですが。
なんと、’海外から参加頂きました’と紹介されちゃいました。
いやいや、、、十分すぎです!!

さて本体のパテ修正、乾燥待ち中に、最大の難作業、排気ノズルの組立に入ります。

まずは、内側の塗装から。
色々とネット上の写真を見たのですが、ブラックとホワイトでコントラストを出すのがいいかな・・・・
と勝手に判断して、黒としろで塗ることにしました。

まずは、下地のシルバーの上から、溝に黒を塗ります。
筆で適当に。

F15-exh1

続いて、上から白を塗りました。
ここも、あえてムラが出るように筆塗りしました。
と、ここまで塗って、あれ?黒が意外と消えてしまった・・・
もう少しコントラストを出そうとしたのですが、筆で塗ると、意外と隠ぺい力が強く、黒が消えてしまいました。

なので、乾いてから、黒系エナメルを薄めて墨入れというか、ウォッシングというのか、よくわかりませんが上から黒を薄く塗りました。

F15-nozzle3

そして組立開始です。
ノズルは5分割ですが、比較的簡単に取り付けできました。
小一時間置いてから、いよいよエッチングパーツの取り付けです。
ノズル開閉のリンク機構がエッチングで再現するのですが、やはり細かい細かい。

F15-nozzle4

これは、しばらく時間がかかりそうです。
まあ、乾燥待ちには程よい作業ですね!
2019/02/14

ハセガワ 1/48 F-15E ストライクイーグル 組立②

コクピットをくみ上げたイーグルですが、本体の組立に入っていきます。
まず最初に、下地の塗装をシルバーで行いました。
今回の指定色は、ブルーなのですが、なんとなくブルーのキャンディー塗装風にしたいと思ったので、まずはシルバーを塗りました。

そして、インテーク周りを組み付け、作ったコクピットを入れた機首部を張り合わせ。
さらに、同時にパテ修正を行うべく、増装タンクも組み付けました。

さすがハセガワ、思いのほか、ぴったりと合います。
パテ修正も非常に微量ですみそうです!。

F15-pat

パテを盛ったので、乾燥までしばし待ちます。