2018/02/22

バンダイ・モノグラム 1/48 A-4E スカイホーク 塗装④

下塗りシルバーを終えたのですが、新しいことにチャレンジしてみたいと思います。
ネットで調べていたら、シャドウ吹きの方法が紹介されていたので、試してみたいと思います。
(英語版だったので、正しいのか分かりませんが・・・)

やりかたは至って簡単で、下塗りシルバーを行ったあと、パネル境界部にブラックを吹く。
その後、上塗りをすると、シルバーとブラック部で色調が異なり、ほのかにシャドウが現れる、らしいです。

やり方に習ってブラックを吹いて見ました。

A-4 下シャドウ1

少し綺麗な線にならなかったのですが、下塗りだし、まあ良いか。。。でこのまま突き進むことにします。

A-4 下シャドウ2

次は迷彩塗装です。
くしくも、goriさんと同じく3色迷彩(ベージュ、ダークイエロー、ダークグリーン)で塗っていきます。
私は、、、いつも通りフリーハンドでチョコチョコ修正しながら塗っていこうと。。。
スポンサーサイト
2018/02/21

バンダイ・モノグラム 1/48 A-4E スカイホーク 塗装③

フランス旅行についで、フランス出張に行ってきました。
今回は飛行機だったので、キットを持ち込めず・・・
一週間振りに製作再開です。

前回までにした処理を終えたので、塗装に入りました。
今回は、モールディングをやり直し、全面にペーパーをかけたのでスーパーホワイトで下地塗りしました。
さらに、タミヤのクロームシルバーで、下塗りをしました。

塗った状態がこちら。
下塗りなので、厚くならない様に塗ったのですが、、、もう少しシルバーがかかっても良かったですかね・・・

A-4 シルバー1

前から見ると、こんなイメージです。
A-4はシルバー一色というイメージではないですね。。。
ホワイトか迷彩が似合う気がします。

Aー4 シルバー2

次は、ネットで見つけた、先にパネル境界を黒く塗るシャドーの下準備に入りたいと思います。
2018/02/18

フランス トゥルース旅行

ただいま、欧州は冬のハーフタームでお休みシーズンです。
前半戦はポルトガルに行ってきました。
後半戦は、フランス、トゥルースへ、二泊三日(実質滞在は丸一日)の旅行に行ってきました。

ねらいは、ずばり”エアバス本社見学!”
トゥールースは、エアバスの本社があり、開発拠点にアッセンブリー工場、デリバリーセンターがあります。
今回は、A380の組み立て工場と、開発拠点のバスツアー、博物館見学を予約しました。
当然!?社内は撮影禁止。
皆さまに迫力のA380組み立て工場を紹介したいのですが、写真がないのでご勘弁を・・・

併設される博物館は、撮影フリーでした。
表にあるのは、A400Mの初号機とコンコルド!
コンコルドは、博物館内にもあり、なんと中に乗ることができました!

トゥールース A400

博物館にあるコンコルドは量産一号機ですが、実験機の実験機材が搭載されていて、非常に興味深い感じでした。
基本は、エアバス社の小型飛行機が展示されていたのですが、他にもジャギュアやクルーセーダー、Bf109も展示されていました。
博物館の目玉?はコンコルドと、このグッピー!
今は、ベルーガが就航していますが、かつては、このグッピーが飛行機の部品を運んでいたようです。
しかし、おおきい!

トゥールース グッピー

博物館は、屋内展示ですが、屋外にも沢山の飛行機がありました。
昔は、屋外で野ざらしだったようですが、今は、立派な建屋ができ、博物館として展示しています。
いっぽう、野外展示で朽ち果ててしまった機体は、次々とレストアをしている、との事です
レストアが終了すると、屋内展示場に持っていく、との事でした。
屋外展示場は、ミラージュやジュペルエタンダール、ドラケン、DC3など貴重な機体がゴロゴロと!
子供たちと、もらったファイルを見ながら、これは何、これは何、、、と見て回っていたら、遠くの方で男性が手を振って声をかけてきました。
カタコトの英語で会話していたら、屋外展示のガイドさんで、もとフランス軍の軍人さんだそうで。
ミラージュとジャギュアを操縦していた、と言われていました。

この日は、訪問客が少なかったみたいで、一時間ほどお付き合いして頂けました。
レストア場や、裏の倉庫まで案内してもらって、ラッキー!と思っていたら、それ以上のラッキーが。
なんと、レストア前のMIG-21に載せてくれました(子供だけですが・・・)!

トゥールース MIG21

有り得ないサービスにめちゃめちゃ興奮してしまいました。
ガイドさんは、こちらが興奮しているのを楽しんでいるのか?
ドラケンに、DC3のコクピットまで案内してくれました。
日本人で、MIG-21とドラケンのコクピットに座った人って一体何人いるのでしょう・・・

大興奮のトゥルース旅行。
最後の最後は、なんとベル-ガとご対面!
空港で待っていたら、なんとベルーガ2機が離陸していきました。

トゥールース ベルーガ

飛行機三昧な旅行でしたが、それ以上に興奮だらけの三日間。
非常に良い休暇でした!!
2018/02/15

バンダイ・モノグラム A-4E スカイホーク 組み立て②

昨日2月14日は、バレンタインデーでしたね。
日本では、女子から男子にチョコレートを!が一般的なおっさん信仰ですが。
こちらでは、全く逆です。
男子が日ごろお世話になっている女子(奥様・恋人)をもてなす日です。
ディナーに招待して、ショーを見たり映画を見たり、最後にプレゼント!
のフルコースがこちらのバレンタインデーです。

私は、と言いますと当日こそ何もしませんでしたが、先週末と今週旅行に行くので、ご勘弁!
と言っても、ブツブツ文句言われていますが・・・
(赴任妻グループメールで、あちこちのダメ男伝説が飛びまくり・・・恐い恐い・・・)

こんな日は、作業部屋の扉を硬く閉ざして、作業に没頭します。

昨日、組み立てた後、パテを盛り、一日乾燥させました。
本当は3日乾燥させたいのですが、明日から旅行なので、再びドライヤーで乾燥させてペーパーをかけました。
隙間が大きくないので、、ヒケもほとんど見れず綺麗に仕上がりました。
つける予定のない、増槽タンクに爆弾もパテを持ってしまいました・・・

A-4 機体修正1

ペーパーかけた後、モールドを再度彫りなおなし、修正終了です。

A-4 機体修正2

した処理を終えたので、次は塗装です。
2018/02/14

バンダイ・モノグラム 1/48 A-4E スカイホーク 組み立て①

コクピットの塗装/ウェザリングを終えて、組み立てに入ります。
このキット、錘を入れることを指定しているのですが(あるいは、透明パーツでお尻を支える)、その分量が記載されていません!
しかも、翼の上(エンジンの部分)に錘を載せるように指示があります。
どうみても、そこじゃないでしょ!とおもいつつ、バランスをとるために前側に錘を載せます。

いつも通り、資材不足(釣り用の錘がどこで売られているか、いまだに不明・・・)なので、庭の小石を使いました。

Aー4 重り

機体を接着して、翼を仮組みして様子を見ると、、、バランスが取れました!

Aー4 機体組み立て

しかも、40年前のキットと思えない、見事な合わせです。
隙間もほとんどなく、ぴったり収まりました。
次の修正作業が楽そうです!