FC2ブログ
2018/12/05

イタリア トリノ訪問

ちょっと仕事の関係で、イタリアはトリノまで来ました。
トリノといえば、イナバウアー!
懐かしい場所です。。。

知らなかったのですが、トリノはミラノに次ぐ第二の工業都市で、しかも自動車関連の街だそうで。
フィアットのお膝元だとか。

ということで、時間があったのでフィアットが後押しする自動車博物館を訪れました。
3階建ての広い博物館で、3Fから1Fまで降りて回る展示になっています。
3Fは、クラッシックカーから近代の車両まで自動車の変遷を
2Fは、トリノの街、自動車産業に関する展示
そして1Fは、イタリア!なのでデザインや、フェラーリの展示がメインとなっています。

入って3Fにあがり、真っ先に出てきたのが。
人類初の自動車、キュニョーの自動車レプリカから始まります。
ベンツなどの初期車両と並んで、パイオニアとして紹介されていたのが、プジョーの車です。

201812050222367cd.jpeg

で、クラッシックカーとか、80年代の車や、新しい車が展示されていたあと、最後に到達したのが、こちらF1!!
(途中省略しすぎですが・・・)
F-1も、当然ながらイタリアの車ばかり
アルファ、フェラーリが主流です。
F-1モデラーの皆様は延髄ぶちきれることでしょう・・・

20181205022005eda.jpeg

プジョーとF1の間では、100台以上の車が展示されていました。
たとえば、こちら、フランスの2CV。
なんとなく、この雰囲気は、ワーゲンビートルのような気がするのですが、イタリア人は2CVらしいです。

2018120502210919e.jpeg

さらにありました!155!!
DTM優勝マシーンです。
タミヤのキットは作ったことあるのですが、155レーシングの実物を見るのは初めてです!
めちゃめちゃかっこいい。
やはり、もう一台作りたくなってきました。

20181205021938011.jpeg

そして、当然FIATのおひざ元なので、FIATがあります。
有名なチンク以外に、最初のチンク(500)と、最新のチンクがちゃんと展示されていました。
でも、チンクというと、このタイプが一番しっくり来るのですよね・・・

20181205022151489.jpeg

お昼過ぎに着いたのですが、結局2時間もみちゃいましした。
あわててホテルにチェックインして、メールチェックと電話連絡をして、、、
あっという間に夕飯の時間になってしまいました。

夕飯は、せっかくイタリアに来たのだから、イタ飯!
ということでGoogle先生を頼って行ってきました。

まずはカルボナーラ。
いや、おいしい!
こんなにおいしいパスタ、イギリスでは食べられないぞ!

20181205053916727.jpeg

二品目は、ピザ!
しかも大きい!!

201812050539290d7.jpeg

案の定、食べ切れませんでした。
イタリア、とてもいい町です。
昔は、物価が高くてとてもとても食べていられない街。
というイメージがあったのですが、ここトリノは工業都市。
庶民の街なので、とても安く、そしておいしいものが食べられました。
さあ、明日もお仕事がんばります!
スポンサーサイト
2018/12/03

ブラックフライデー


出張続きで、なかなか更新できませんでした。
(しかも、同僚と一緒の出張だらけだったので、モデルも作れず・・・)

先週のネタをひとつご紹介します。
日本でも、有名になった、ブラックフライデー
ここイギリスでも、徐々に有名になってきました。
特に、大規模量販店やチェーン店、アメリカ系の店舗ではブラックフライデーをガンガンにやっています。
いつも行く、ホビークラフトショップでも、ブラックフライデーを行っていました。
いつもの半額で、特別販売!

まずは、こちら。
レベルのモスキート。
最近でたキットで、マリーンエンジンも再現されています。
とってもとっても欲しかったモデルです。
30ポンドが、半額の15ポンド!
かなり迷いました。
が、一次保留・・・

2018112804554985b.jpeg

続いて、こちら、SE5.
RAF100周年の記念モデルで、今年発売のキットです。
こちらも半額の10ポンド!
迷いましたが、こちらも保留・・・

201811280456077d8.jpeg

こちら、1/32モスキート
こちらも、15ポンド!
先の1/48と同じ金額!!
そうとう悩みましたが、置き場に困る、、、ということでこちらも一次保留。

20181128045624873.jpeg

そして、こちらC-130!
1/72ですが、定価45ポンドが特別割引で30ポンドになっていたのが二週間前。
そして、なんと、そこから半額になって15ポンド!
実に66%引き!
1/72スケールということで悩んだのですが、持っているTOP50本の堂々第二位!
これは、、、買うしかないでしょう!
ということでご購入。

20181128045515f92.jpeg

さらに、こちらはSR-71
定価は34ポンド。
しかし、二週間前の特別セールで20ポンドに。
そして、同じく半額の10ポンド!!
これも買いでしょう。
という事でご購入です。
ちなみに、こちらはTOP50中19位でした。

20181128045530c74.jpeg

最近、モデルショーにブラックフライデー、さらにはアンティーク祭
と購入機会だらけだったので、結構積みが増えてきました。
がんばってつくらないと。。。
2018/11/27

レベル 1/570 タイタニック 塗装⑤

船体修正がひと段落ついたので、塗装に入っていきます。

組立前にホワイトを塗った(白地のパーツに、スーパーホワイトを下地にして、グロスホワイトを塗ったのですが、、、すべてホワイトだから、ぬれたのか、ぬれていないのか?分かりません・・・)ので、マスキングをしました。

その上、で船底部を赤で塗っていきます。
50cmちかいサイズだったので、結構大変でした。

20181117185221ed2.jpeg

赤は、家にあまっていた赤系塗料3種類(フェラーリレッド、グロスレッド、ファインレッド?)をすべて混ぜて、なんだか分からない赤塗料を作りました。
意外と光沢が出て、良かった?

t

ちょっと修正したパテがまだ目立っていますが、船底なので、このままでいいか?
と次に進めたいと思います。
2018/11/26

レベル 1/570 タイタニック 組立⑤

船体修正中の間、こまかい組立作業を行っていました。

こちらのキット、救命ボートが一体で表現されています。
それなりに表現されているので、このままでもよいのですが、なんとなくこちらにもロープを貼りたくなりました。
根元の滑車部に糸を瞬間接着剤で固定し、アームの上に伸ばして、接着。
さらに、反対側のアームに伸ばしたあと、したの滑車に接着して、1台終了。

これを繰り返すこと、16台。
結構、時間かかりました・・・

20181116075536843.jpeg

もう完全な自己満足の世界ですね。。。
2018/11/23

レベル 1/570 タイタニック 塗装④

昨日、船体をくみたて、パテによる修正を行っています。

地味な作業中ですが、乾燥の時間もあるので、本体以外の付属品に着手します。
それは、こちら、飾りの土台、ネームプレートです。

白樹脂成型に、木目調のモールドが施されています。
色々悩んだのですが、結局、ベースの黒に金のふち、名前は白
で塗り分けることにしました。

まずは、黒をエアツールで吹き、ゴールドで名前を塗りました。
さらに、ふちのゴールドを残しつつ、内側をホワイトで塗りました。

20181113074752346.jpeg

色合いは、いい感じです!
あとは、はみ出し部をタッチアップすれば、ネームプレートの完成!
土台は、木製風にしたので、こちらのブラック塗装と組みあせると、それなりに見えるかな?