2017/11/24

MG ザク Wer 1.0 組立③

本日も出張のため、ザクちゃんの製作です。
(家族に呆れられながらも、キットを持ってきました)

前回パテを盛っていたので、今回は鑢で処理をしました。
紙やすりを持ち込んだので、60番から1000番までかけ、終了です。

ザク パテ処理ヤスリ

面がフラットな装甲は楽ですが、形が複雑な肩や脚は難しいですね。。。
まあ、裏に入ってしまうから、あとは塗装でごまかします。

亀のような進み具合ですね、、、
来週も出張なのでもう少し仕上げて行きたいと思います。
スポンサーサイト
2017/11/22

レベル 1/48 スピットファイヤMKⅡ 塗装②

昨日、下地塗装を行ったので、本日は、基本のグレー塗装から。
今回も、グリーン/イエロの迷彩で行く予定なので、下面はライトグレーで塗りました。

タミヤのミデアムシーグレー2をそのまま塗装しています。
特に何の変哲もないグレー塗装なので、面白くないでしょうが・・・

48スピットファイヤ グレー塗装

こちら、また30分程度で塗装終了。
次はマスキングしてうえを塗っていきます。


タミヤ、ラッカー塗料を出したのですね。
でも欧州では、発売しないみたいで・・・
残念です。。。

明日から国外出張なので、しばしお休みです。
2017/11/21

レベル 1/48 スピットファイヤーMKⅡ 塗装①

久しぶりにスピットファイヤーに戻ります。
かつ、他の仕掛品が完成したので、こちらに専念できます!

パテ埋めを終え、修正箇所が思いのほか少なかったので、ホワイトベースでなくシルバー塗装で下地を作りました。
使ったのは、タミヤのクロームシルバーです。
プラスチックの地が白だったので、あっという間にシルバー一色になりました。
正味15分・・・

48 スピットファイヤ シルバー下地1

パテ修正した、Frの穴も、綺麗に埋まりました。
シルバー塗装で傷が目立つかとおもいましたが、意外と綺麗に仕上がっています。
シルバー塗装のスピットファイヤもよいものですね。なんか塗装が終った気分です・・・

48スピットファイヤ シルバー下地2

思いのほか早く下地塗装が終ってしまったので、排気管の加工を行いました。
と言っても、ドリルで穴をあけるだけですが。

48スピットファイヤ 排気管穴

この後、もう少し鑢で形を整えて塗装をしていきたいと思います。

今まで大きな旅客機を作っていたので、このサイズが本当に小さく感じられます・・・

2017/11/20

レベル 1/144 エアバス A380 完成その1

今週末は、仕掛途中のキットを二つも完成させました(諦めました・・・)。
今日の完成は、A380です。
ラッカー塗料が手に入らないので、アクリルのクリアーを厚塗りして、乾燥させていました。
2週間経ったので、コンパウンドで磨き、つやがそれなりに出てきたので、これで完成としちゃいました。
エンジンと脚を取り付けて、完成です。

撮影しようとしたのですが、あまりに巨大なので、作業台に乗せられず、仕方なくリビングで撮影です。
とにかく、大きいです。
日本への持ち帰りを考慮して、主翼・尾翼は接着していません。
また、アンテナ類も、日本へ持ち込んでから取り付ける予定です。
(巨大すぎるので、どうやって持ち込もう・・・)

A380 完成1

ちゃんと指示通りに錘を入れたのですが、翼の重量バランスの問題か?前側がどうしても浮いてしまいました。
しりもちまでいかないのですが、離陸瞬間の姿勢と言う感じです。
もう少し前のほうに錘をいれるべきだったか。

A380 完成2

後ろからの構図です。
リビングでなく、道路で撮影したら、それなりの雰囲気が出るような気がします。
半分くらいのタイヤが接地していません・・・この状況だから重量バランスが悪いのだと良くわかります。

A380 完成3

いつも通り、A319との比較です。
乗客数が5倍ちかく乗るので、必然と機体のサイズも5倍になるのは、分かりますが。
実機以上に、モデルの大きさは違うように思えてしまいます。

A380 完成4

部品点数こそ、それほど大量でなかったのですが、そのサイズに圧倒されたキットでした。
(飾る場所がないので、しばらく箱入り娘になってしまいます)
A319、コンコルド、と、特徴的な旅客機を同時期に作れたので、非常に楽しい製作でした!
2017/11/19

レベル 1/144 コンコルド 完成その1

墨入れとエンジン回りのウェザリングを終えて、最終組み立てに移りました。
そして、大事件に気が付きました。
フロント・ノーズコーンのクリアー部品がない。。。
キットについていたのは間違いないのですが、組み立てているうちにエアで吹き飛ばしてしまったみたいで。
探しても、探しても見つかりません、、、
いったん諦めて、クリアーを吹き、完成させました。
年末の大掃除で徹底的に探します。

フロントのキャノピーがないので、なんとも間抜けた感じですが、一応完成です。
細長いですね、本当に。

コンコルド 完成1

後ろからの図です。
最終のカラーを再現しています。
でも、機体ナンバーは初号機BOAA。
こちらダックスフォードという博物館に保存されているらしく、たぶん行くであろうからこの番号を選択しました。

コンコルド 完成2

知らなかったのですが、フロントの主脚、本当に長いですね。
思いっきり伸ばして、かなりのアングルでテイクオフしていたのですね。

コンコルド完成3

こちら、先に作ったA319と並べてみました。
本当に、コンコルドは細長い機体です。でも、そのシルエットが美しいですね!
まあ、A319のずんぐりむっくりも愛嬌があるというか、私の体型に似ているというか。。。

コンコルド 完成4

いま製作途中(乾燥中)のA380と比較すると、どちらも両極端なキャラクターで。
A380もそろそろ華僑入りなので、一気に3台並べたいです。

コンコルド完成5

急に旅客機ばかり作ってみましたが、なかなか面白いものです。
次はA380の完成です!