FC2ブログ
2019/04/20

フランス出張と旅行

更新が若干途絶えましたが、いたって元気です。
先週、フランスへ出張と旅行に行ってきました。

相変わらず、パリへ出張に行ったのですが、月曜日はちょうど移動日で夕方に空き時間ができました。
せっかくなので、観光を・・・ということで、今回訪れたのは、かのルイビトンが経営する、ルイビトン美術館へ行ってきました。

フランス ビトン1

たまたま、印象派の企画展をやっていたのですが、さすがルイビトン、すごい財力とコネクションです!
展示されている作品がただものではなかったです。

まず、こちら
たしかオルセーに保管されているマネの絵です。
超有名な絵ですよね、印象派がスタートした、有名な絵です。

ビトン マネ

こちらも見ただけでわかる、セザンヌの作品です。
見つめる姿にたたずんでしまいました。

ビトン セザンヌ

そして、ルノアール!
私が大好きな作風です。
光の加減と色合いが素晴らしいです。

ビトン ルノアール

さらにさらに、言わずと知れたゴッホ。
耳を切った自画像。
こちらも超有名ですよね。

ビトン ゴッホ

さすが、ルイビトン、教科書に掲載されている絵をかき集めて、展示会を開くとは・・・

美術鑑賞の後は、お土産購入です。
ルイビトンのバッグは、買えませんが、携帯ケースくらいなら。。。

意気揚々と帰ろうとしたら、なにか消防車やらパトカーがいっぱい走っている。
なんだろう・・・と思ったら、まさかの大聖堂火災!
衝撃でした。
まさか大聖堂が火災になり、尖塔が落ちるなんて。。。
かなりショックでした。
あまりのショックに、この後の写真を一切撮影できず、、、なによりブログをアップする気力がなく。

5日すぎて、ようやくアップする元気が出てきました。

ショックで立ち直れないだけではだめですよね
寄付もしたし、前を向いて進みましょう!
(って何する訳ではありませんが)
スポンサーサイト
2019/04/12

レベル 1/48 C-45 エクスペディター 塗装②

下準備を終え、塗装に入ります。
まずは、ベースとなるホワイトを。
スーパーホワイトをした処理で塗ったので、綺麗に発色します。
グラデーションをつけた黒も、いい感じにホンノリと出ている感じがしています(気のせいかも知れませんが・・・)

丸一日乾燥させ、さらにドライヤーを軽くかけて乾燥を進めました。
続いて、マスキングをして、ライトブルーの塗装へ。
本来は、モヒカンブルーという色合いなのですが、なにせ持っていないので、タミヤのスカイブルーを代用とします。

C45-mblue

まずは、こんな感じです。
ちょっとテカテカしすぎている感じがしますが、最後につやは調整するということで。
次は、トリトンブルーの塗装です。
2019/04/11

ミュージカル ヨセフ 鑑賞

昨日、ちょっと離れた地方で公演された、ミュージカルを見てきました。
Joseph and the Amazing Technicolor Dreamcoat というミュージカルです。
日本でも、公演したことあるようですが、見てきたのは、UKツアーの公演です。

旧約聖書に出てくるお話そのもので、ヤコブの子、ヨセフがお兄ちゃんたちの妬みにあい、キャラバンに売り飛ばされ、エジプトへ。
エジプトで、富豪の家で重宝されるも、無実の罪で投獄され。
しかし、王様の夢を解き明かして、再び重宝されて、大蔵大臣、国のナンバー2となり。
国の飢饉を乗り越える途中、兄弟に再会し。
再び父とも再会して、みんなハッピー、というストーリーです。

アンドリュー・ロイド・ウェバーとティム・ライスという黄金コンビ、最初の作品だそうで。
イギリス人が大好きなミュージカルです。

Joseph

ヨセフ役、アナウンサー役とも、すばらしく、歌声もとてもきれいでした。
ファラオ役もなかなかの風格で、エルビス風の役柄を見事に演じきって、すばらしい劇でした!

Joseph 2

なんで、この劇を見たか?
と言いますと、私の娘、歌姫見習いが出演したからです!!
出演と言いましても、20人の少年少女コーラス員に選ばれまして。
舞台の端っこで座って、ずっと歌い続けた、と言う感じです。
まあ、そうは言っても、フルイングリッシュのミュージカルに、英人と一緒にオーディション・レッスンを受けて舞台に立つとは
私を見事に踏み倒して行きました。。。
2019/04/10

レベル 1/24 ポルシェ934 組み立て②

C-45 エクスペディタの修正作業中、乾燥待ちの空き時間を使って、ポルシェの製作を進めました。

前回、エンジンの基礎組み立てを終えたので、細部塗装を行いました。
さらに、最終組み立てを行いました。
ちょっと、寂しい感じだったので、プラグコードを追加しました。

しかし!
プラグコードと思ってつけたら、このパーツ、デストリビューダーでなかったのですね!(右側の赤い部分)
どうも燃料の分配装置か何かだったようです。
デストリビューダーは、発電機・オルタネーター(中央後ろの部分)裏にあるようで。
タミヤの1/12モデル写真を見て、知りました。。。

まあ、でも雰囲気でたから、それはそれで良しと言うことで。

PRC-engine2

下からみると、こんなこんな感じです。
排気管、本当は、焼きが入るわけないのですが、なんとなく焼き色の表現をしてしまいました。
なにせ、この塗装が好きなので。

PRC-engine3

エンジン組立は、ここまでです。
本当は、ハーネスや、その他のオイルライン等々を再現すると良いのかもしれませんが、私の技量と根気ではここまでです。。。
2019/04/09

レベル 1/48 C-45 エクスペディター 塗装①

修正を終えて、本体塗装に入っていきます。

今回もグラデーションを試したく、まずは黒でパネルラインを塗ることにしました。

パネルラインの奥まで黒が入るように、ゆっくりと塗って行きました。

C45-black1

こんな感じです。
昔の飛行機なので、パネルが多いです!
本当に、これで大丈夫だろうか、、、というくらい黒ラインが多いです。

次は、ベースカラーのホワイト塗装に入ります。